検索
  • yukoarao

★2018年特定健診・特定保健指導の見直し説明会


かずま先生のレクを聞きに・・ 現在新規事業で保険者さんのシステム構築にかかわる仕事をしているので、特にシステム関係の部分の変更留意点を抑えておきたかったので、とても勉強になりました。

制度開始から10年、あのころもものすごく最初の事業設計が大変だったなーと思いだしながら、次なるステージに向け、それぞれの立場での更なる変革が必要そうです。諸々の準備対応もなかなか大変そうですが。


【主な変更ポイント】 ◆特定健診 ・「血清クレアチニン検査」を追加 ・質問票の変更 ・かかりつけ医で実施された検査データを、 特定健診データ として活用(条件付)

◆特定保健指導 ・現行6ヶ月後→3ヶ月後でも可 ・初回面接と実績評価の同一機関要件の廃 ・健診当日に初回面接の分割実施を可能 ・2年連続して積極的支援に該当した場合、2年目の状態が  改善していれば、2年目は動機付け支援相当で可  ※ BMI30未満:腹囲1cm以上かつ体重1キロ以上    BMI30以上:腹囲2cm以上かつ体重2キロ以上 ・積極的支援の対象者への柔軟な運用 ・初回面接のグループ支援の運用緩和

◆後期高齢者支援金の加算率(ペナルティ) ・段階的に引き上げ 現行の加算率 0.23% → 見直し後 最大10% ・加算の対象範囲を拡大 特定健診・保健指導以外の取組状況 も組み入れ

◆システム変更  制度変更の要件に応じた健診・保健指導データや、  実績管理・支払い請求のシステム変更が必要となります


157回の閲覧